京都市 右京区 耳鼻科 進藤耳鼻科 花粉症 中耳炎 めまい      京都府京都市右京区西京極午塚町37-A23カドノハイツ101

 
進藤耳鼻咽喉科
ホーム 医院案内 院長紹介 アクセス 診療時間 豆知識 よくある質問 リンク

豆知識メニュー

鼻と耳の豆知識

アレルギー性鼻炎と花粉症について

滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)について

めまいについて

花粉カレンダー

鼻血について

ちくのう症について

耳垢(みみあか)について

喉の病気

正しい鼻のかみかた

若者に増えている急性音響性難聴と心因性難聴

会話が聞き取りにくい補聴器の使用でお悩みの方

めまい・メニエール病

鼻の構造

お母さんへの豆知識

食物アレルギーについて

インフルエンザ・風邪について

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)について

お薬の正しい飲み方について

水泳の後の耳詰まりについて

プール熱(咽頭結膜熱)について

学校健診で「耳鼻科受診が必要です」の紙を貰ったら

乗り物酔いについて

水泳とアレルギー性鼻炎・水泳をすると翌日喉が痛い

口内炎について

新型および季節性インフルエンザの対応について

小さな魚の骨などが刺ささったら

耳鼻科医療器具の豆知識

ネブライザーの話

額帯鏡の話

鼻鏡(びきょう)と耳鏡(じきょう)の話

その他の豆知識

今年(2009年)のスギ・ヒノキ花粉

耳鼻咽喉科の守備範囲


新型および季節性インフルエンザの対応について

●新型インフルエンザとは
インフルエンザとはウイルスによる感染症のひとつで、A型・B型・C型の大きく3つに分かれます。なかでもA型はウイルスの大きな変異をきたすため、世界的大流行(パンデミック)を起こすといわれています。
通常、12〜3月に流行しているインフルエンザを「季節性インフルエンザ」といいます。季節性インフルエンザは、主にA型とB型のウイルスによって引き起こされます。 一方、ウイルスが変異して、新たに人への感染能力をもち、さらに人から人へと感染するようになったインフルエンザを「新型インフルエンザ」といいます。
現在、世界的大流行を起こしている新型インフルエンザは、豚から人に感染し、やがて人から人へと広まったとの説から、発生当初は「豚インフルエンザ」とも呼ばれています。
新型インフルエンザは、ほとんどの人がウイルスに対する免疫をもっていないため、誰もが感染する可能性のある病気です。しかし季節性インフルエンザとの共通点も多く、ワクチンで感染を未然に防いだり、早期に適切な治療を受けることにより重症化を防いだりすることも可能です。 大流行しているからといって慌てず、正しい知識を身に付けて、冷静な対応がとれるよう心掛けましょう。また、感染が疑われる場合には、早めに電話で相談ください。

●感染経路は
感染経路には飛沫感染と接触感染があります。前者は、感染者の咳やくしゃみから放出されたウイルスを吸い込んで起こる感染をいい、後者は、ウイルスが付着したものに触れた手で眼や鼻、口などにさわり、その粘膜からウイルスが侵入して起こる感染をいいます。

●症状は
季節性インフルエンザとほぼ同様で、38℃以上の発熱、鼻汁や鼻詰まり、喉の痛みや咳などがみられます。小児ではインフルエンザ脳症(※)が見受けられる場合もあります。今回の新型インフルエンザは、季節性インフルエンザに比べて感染力が強いといわれていますが、軽症のまま回復することが多いようです。また、ウイルスの潜伏期間は1〜7日間といわれています。
次に該当する場合は、肺炎を併発するなど重症化しやすいといわれているため、特に注意する必要があります。
【新型インフルエンザが重症化しやすい場合】
乳幼児・妊婦・高齢者・慢性呼吸器疾患(気管支喘息、慢性気管支炎など)のある人・慢性心疾患(うっ血性心不全など)のある人・代謝性疾患(糖尿病など)のある人腎機能障害(慢性腎不全など)のある人・免疫が低下している人(ステロイドの全身投与を受けているなど)
※インフルエンザ脳症・・・5歳以下での発症が多い。ウイルス感染による発熱後に、痙攣(けいれん)や意識障害、異常行動などがみられる

●検査と診断
まず、問診を行います。問診では、発熱の有無や症状の現れた時期などについて質問させていただきます。
当院では迅速診断キット(※1)により診断する場合もあります。迅速診断キットを使用すると約15分で診断できますが、まだ微熱の方(38度以下)、高熱が出てまだ時間の経っていない方(6時間以内)の方は、まだ反応しない可能性があります。ご理解ください。 感染が疑われる場合には、受診の際には不織布製のマスクを着用し、電車やバスなどの公共機関の利用をできるだけ避けましょう。
※1迅速診断キット・・・細いめん棒や吸引器を使用して鼻や喉から粘膜を採取し、ウイルス感染の有無を調べる

●治療法
主に、抗インフルエンザウイルス薬を用いた薬物療法を行います。そのなかでも、ノイラミニダーゼ(※1)の働きを阻害するザナミビル水和物とオセルタミビルリン酸塩を使用します。どちらも発症してから2日(48時間)以内に投与を開始する必要があります。それ以上経過した場合には、投与しても十分な効果は期待できないため、解熱鎮痛薬や鎮咳去痰薬などを用いる対症療法が中心となります。抗インフルエンザウイルス薬を感染予防に用いる場合もあります。
インフルエンザの後、鼻やのどの粘膜が障害されやすくなるため、鼻水や咳が残りやすくなります。
場合によっては、副鼻腔炎や声帯の炎症が残存している場合があり、鼻やのどの詳細な診察をすることで原因をはっきりさせ治療受けることをお薦めします。
また、抗インフルエンザウイルス薬との因果関係は十分には明らかにされていませんが、小児や未成年者の使用後に異常行動がみられたとの報告もあります。そのため、小児や未成年者の使用後には一人にさせないなど、患者さんの行動に注意する必要があります。そのほか、妊産婦、妊娠している可能性のある場合は、受診時に必ずお申し出ください。
また、抗インフルエンザウイルス薬を使用している期間は、授乳を避ける必要があります。
また、抗インフルエンザウイルス薬は体調がよくなったからといって自己判断で薬の使用を中止すると、症状の悪化を招く恐れもあります。指示通りに使用することが大切です。

●感染予防法
まずは、感染予防が重要です。日常生活において次の点に気をつけて、感染予防を心掛けましょう。
◆外出先から帰ったら手洗い、うがいを
外出先から帰ったら、手洗いやうがいを行いましょう。石鹸を使用し、指の間や手首などに洗い残しのないよう、念入りに手を洗いましょう。消毒用アルコールの使用も有効です。
◆人込みをなるべく避けて
人込みをなるべく避けましょう。やむをえず、人込みに入る場合には、不織布製の使い捨てマスクを着用しましょう。また、マスクの着用だけではウイルスを完全に防ぐことはできないため、ほかの感染予防法も継続して行いましょう。

●自分や家族が感染したら
インフルエンザに感染した場合、原則として重症の患者さん以外は自宅療養をすることになります。自分や同居している家族が感染したら、次の点に注意して感染拡大を防ぎましょう。
◆できるだけ外出を控えて
できるだけ外出を控えて自宅で安静に療養しましょう。療養中は、十分に水分補給をすることが大切です。熱が下がったとしても、感染力は残っている場合もあります。熱が下がってから少なくとも2日以上経過するまで、また発熱や咳などの症状が現れた翌日から少なくとも7日以上経過するまでは、外出するのを控えましょう。
◆くしゃみや咳をする時にはエチケットを守って
やむをえず外出する場合には、不織布製の使い捨てマスクを必ず着用しましょう。くしゃみや咳をする時は、周囲の人から顔をそむけて1メートル以上離れ、ティッシュなどで口や鼻を覆いましょう(これを咳エチケットといいます)。使用したティッシュは、すぐにふた付きのごみ箱に捨て、手をよく洗いましょう。

ホーム
医院案内院長紹介アクセス診療時間豆知識よくある質問リンク


Copyright (C) 2007 Shindo Ear,Nose&Throat Clinic. All Rights Reserved.